伊豆半島ジオパークIzu Peninsula UNESCO Global Geopark

東伊豆

いがいが根

  • 4000年前の噴火で大室山の溶岩が海に流れ込んでできた城ヶ崎海岸の一部です。
    ここ「いがいが根」では溶岩流が平たく広がり、起伏の少ないテーブル状の場所から城ヶ崎海岸を広く見渡す頃ができます。
    平たく広がった溶岩の表面には、溶岩が流れる際に、先に冷え固まった表面の「皮」が砕かれてできた「いがいが」が広がっています。

基本情報

  • 売店あり
  • トイレあり
  • 駐車場あり
  • バリアフリー
観光情報
 
危険情報
足もとの悪い場所がありますので動きやすい服装でお越しください。
海に流れ込んだ溶岩は波によって削られ、断崖絶壁を作っています。崖は崩れたりすることもありますので、崖の端に近づきすぎないようにしてください。
また、崖の下に入り込むような場合には、落石などの落下物にも注意が必要です。
いがいが根は城ヶ崎の中でも崖の高さが低い場所です。高潮や高波の際には注意が必要です。
アクセス
駐車場から徒歩約10分
トイレ
トイレは「いがいが根」から徒歩約10分の駐車場にあります。
売店・休憩所
 
駐車場情報
いがいが根駐車場(20台)

アクセスマップ

>大きな地図で見る

  • 伊豆半島ジオパーク応援会員

  • ジオサポーターのご案内

  • 伊豆半島ジオパークミュージアム ジオリア

    伊豆ジオ半島ジオパークの遊び方ガイド いずじおアクティビティ

    伊豆半島ジオパークの告知情報 プレスリリース

伊豆半島ジオガイド協会
伊豆急グループ
伊豆箱根鉄道グループ
東海バス