伊豆半島ジオパーク

伊豆東部火山群の時代

伊豆半島は、今よりもはるか南の海で生まれた海底火山の集まりでした。火山活動を繰り返しながらプレートの北上とともに移動して本州に衝突し、現在の半島の形になりました。
伊豆が半島となってからしばらくは、大きな火山をつくる複成火山の噴火が続きましたが、約20万年前になると、噴火のたびに火口の場所を変える小さな単成火山の集まりである独立単成火山群の噴火に変化しました。この火山群がつくる地形は新しく、火口から流れ出した溶岩は、山がちな伊豆半島の地形をならしてなだらかな台地をつくりだしています。
伊豆半島東部に散らばる個性的でちっちゃい火山を探してみましょう。

「伊豆東部火山群の時代」マップ

  • 伊豆半島ジオパーク応援会員

  • ジオサポーターのご案内

  • 伊豆半島ジオパークミュージアム ジオリア

    伊豆ジオ半島ジオパークの遊び方ガイド いずじおアクティビティ

    伊豆半島ジオパークの告知情報 プレスリリース

日本ジオパークネットワーク
箱根ジオパーク
伊豆急グループ
伊豆箱根鉄道グループ
東海バス