伊豆半島ジオパークIzu Peninsula UNESCO Global Geopark

北伊豆

鮎壺の滝

鮎壺の滝 CC BY-SA

  • 黄瀬川にかかる鮎壺の滝(県指定天然記念物)には、何枚かの溶岩が積み重なった厚さ10mほどの岩盤が見られます。
    これは、およそ1万年前に富士山から流れてきた溶岩流(三島溶岩)です。
    溶岩の下にあったやわらかいローム層(風に舞った火山灰や大気中のほこりが積もった地層)が黄瀬川の流れによって削られ、残された硬い溶岩の部分が滝を作り出したのです。

    岩盤の底には、かつてそこに生育していた樹木が立ったまま焼かれたことを示す溶岩樹型の丸い穴(溶岩樹型)も複数見られます。

    滝の周囲は公園として整備され、つり橋からは滝と富士山を正面に見ることができます。
滝の東側の市街地にある割狐塚稲荷神社の境内には、三島溶岩の表面にできた溶岩塚が保存されています。
溶岩塚は、溶岩が流れる際に、先に冷え固まった部分が横から押された結果、割れて盛り上がってできたものです。

基本情報

  • 売店あり
  • トイレあり
  • 駐車場あり
  • バリアフリー
観光情報
 
危険情報
滝のそばに降りる遊歩道は整備されていません。
溶岩樹形を観察する場合は滑りやすい岩の上を歩く必要があります。十分に注意してください。
アクセス
JR御殿場線「下土狩駅」より徒歩10分
トイレ
 
売店・休憩所
 
駐車場情報
鮎壺広場駐車場」普通車5台。(県道87号線沿い)
または、下土狩駅の長泉町営駐車場に車を停め、徒歩でお越し下さい。

アクセスマップ

>大きな地図で見る

  • 伊豆半島ジオパーク応援会員

  • ジオサポーターのご案内

  • 伊豆半島ジオパークミュージアム ジオリア

    伊豆ジオ半島ジオパークの遊び方ガイド いずじおアクティビティ

    伊豆半島ジオパークの告知情報 プレスリリース

伊豆半島ジオガイド協会
伊豆急グループ
伊豆箱根鉄道グループ
東海バス