伊豆半島ジオパークIzu Peninsula UNESCO Global Geopark

北伊豆

滝山不動の滝

瀧山不動の滝 CC BY

  • 多賀火山の溶岩の端にかかる滝です。
    普段は水量の少ない小さな滝ですが、溶岩の大きな崖を水が流れ落ちる様子や、長い年月をかけて崩れ落ちた巨岩が積み重なる様子は迫力があります。
    「多賀火山」はおよそ30万年前まで噴火を繰り返していた火山で、噴火を終えた後に雨風に削られその形ははっきりとは残っていませんが、現在の熱海市多賀付近がこの火山の中心だったと考えられ「多賀火山」の名前がついています。この滝は、多賀からここ韮山まで広がっていた大きな火山の姿をも物語っています。

    滝のすぐそばには滝山不動の奥の院があります。この場所は、文覚上人が源頼朝に平家を打倒して源氏を再興するための挙兵を勧めた場所と伝えられていることから、滝山不動は旗挙不動とも呼ばれています。

  • 滝と瀧山不動 CC BY

滝山不動奥の院 CC BY

基本情報

  • 売店あり
  • トイレあり
  • 駐車場あり
  • バリアフリー
観光情報
 
危険情報
滝山不動の本堂から滝のある奥の院までは、多賀火山の溶岩が崩れてできた、巨岩が積み重なる道を歩いていきます。歩きやすい服装が必要です。
アクセス
 
トイレ
 
売店・休憩所
 
駐車場情報
富士見パークウェイわきに数台程度車を止められる場所があります。駐車場には「伊豆滝山不動」の看板があり、そこから徒歩で滝に向かいます。

アクセスマップ

>大きな地図で見る

  • 伊豆半島ジオパーク応援会員

  • ジオサポーターのご案内

  • 伊豆半島ジオパークミュージアム ジオリア

    伊豆ジオ半島ジオパークの遊び方ガイド いずじおアクティビティ

    伊豆半島ジオパークの告知情報 プレスリリース

    地域ESD拠点

伊豆半島ジオガイド協会
伊豆急グループ
伊豆箱根鉄道グループ
東海バス