伊豆半島ジオパークIzu Peninsula UNESCO Global Geopark

西伊豆

千貫門

千貫門

  • 火山の地下には地下深くからマグマが通ってくるマグマの通り道があります。このマグマの通り道が地殻変動などで隆起して地表に姿を現したものを「火山の根」と呼んでいます。千貫門(せんがんもん)はこの「火山の根」の一部で、巨大な岩の中央部には波の浸食によりできた海食洞が「門」を形作っています。

    この「門」は烏帽子山の山頂にある雲見浅間神社の門(浅間門 せんげんもん)ともされています。また、この岩を見ることが「千貫(せんがん)の価値がある」ということで「千貫門」と呼ばれるようになったとも言われています。

基本情報

  • 売店あり
  • トイレあり
  • 駐車場あり
  • バリアフリー
観光情報
松崎町観光協会では、松崎町のジオサイト(千貫門や烏帽子山など)を海から眺める「ジオサイトクルーズ」を実施しています。
危険情報
千貫門に至る道の一部には落石よけのフェンスが設置されていますが、歩行者側でも落石に注意しましょう。千貫門の一部に崩落している場所がありますので大きな岩がたくさん落ちているような場所には近づかないようにしてください。

千貫門付近の崖には、過去の火山活動による熱によって黄色や赤色に「変質」した岩石が露出しています。変質した岩石はもろく落石の危険性がありますので、崖には近寄らないようにしてください。できればヘルメットをかぶって訪問することが望ましいです。
アクセス
『伊豆急蓮台寺駅から松崎・堂ヶ島行バス40分・松崎バスターミナルにて乗換、雲見入谷行バス20分「雲見温泉」下車徒歩30分 』
トイレ
 
売店・休憩所
 
駐車場情報
 

アクセスマップ

>大きな地図で見る

  • 伊豆半島ジオパーク応援会員

  • ジオサポーターのご案内

  • 伊豆半島ジオパークミュージアム ジオリア

    伊豆ジオ半島ジオパークの遊び方ガイド いずじおアクティビティ

    伊豆半島ジオパークの告知情報 プレスリリース

伊豆半島ジオガイド協会
伊豆急グループ
伊豆箱根鉄道グループ
東海バス