伊豆半島ジオパークIzu Peninsula UNESCO Global Geopark

西伊豆

大瀬崎南火道

大瀬崎南火道 CC BY

  • 大瀬崎の西の海岸では、大瀬崎火山が流した溶岩の積み重なりや、大瀬崎南火道(かどう)の断面が観察できます。
    火道とは、火口直下にあるマグマの通り道のことで、中心にある岩脈から溶岩が何度も噴き出して外に流れ出した様子が、その後の浸食によってあらわになっています。
    積み重なる溶岩(灰色部分)は間に赤いクリンカー(溶岩の表面にできるがさがさした部分)を挟みます。クリンカーの赤さは岩石に含まれる鉄分が高温の状態で酸素に触れてできた酸化鉄の色。このことから、大瀬崎南火道からの噴火は陸上で起こったものであることがわかります。
  • 大瀬崎南火道 CC BY
学術情報 ▼

基本情報

  • 売店あり
  • トイレあり
  • 駐車場あり
  • バリアフリー
観光情報
 
危険情報
歩道の終点から礫浜を歩く必要がありますので、歩きやすい服装が必要です。磯などを歩きなれていない方にはお勧めできません。
落石の危険もありますので、崖には近寄らないようにしてください。
アクセス
岬の外側(西側)の歩道を南に歩き、歩道の終点からは礫浜を100m程度進みます。
礫浜は歩きにくいため、自信のない方は歩道終点付近から遠望することもできます。
トイレ
 
売店・休憩所
 
駐車場情報
大瀬崎の駐車場(有料)をご利用ください。

アクセスマップ

>大きな地図で見る

  • 伊豆半島ジオパーク応援会員

  • ジオサポーターのご案内

  • 伊豆半島ジオパークミュージアム ジオリア

    伊豆ジオ半島ジオパークの遊び方ガイド いずじおアクティビティ

    伊豆半島ジオパークの告知情報 プレスリリース

    地域ESD拠点

伊豆半島ジオガイド協会
伊豆急グループ
伊豆箱根鉄道グループ
東海バス