伊豆半島ジオパークIzu Peninsula UNESCO Global Geopark

中伊豆

天城山隧道

天城山隧道(伊豆市側)

  • 天城火山(最高地点は万三郎岳1406m)は20万年前頃まで噴火を繰り返していた火山です。
    この天城山は豊かな水を地域にもたらす恵みの山である一方、伊豆の南部と北部を隔てる大きな地形的な障害でもありました。

    伊豆の人々は天城の山を越えるために道を作ってきましたが、天城の山は険しく、多くの雨が降ることもあって、苦労して通した道もがけ崩れなどで何度も通行不能になってきました。

    天城の山を抜ける天城山隧道(国指定重要文化財)は1905年に開通しました。このトンネルは地元の住民の悲願でもありました。
    トンネルの開通に伴ってできた新しい天城越えルートによって、伊豆の南北はつながり、地元の人々だけでなく、多くの旅人がこの地を通過するようになりました。
    文豪たちもこの道を訪れ、「伊豆の踊子(川端康成)」をはじめ、多くの文学作品の舞台にもなりました。

    1970年には新しく掘られた新天城トンネルにその役目をゆずりましたが、伊豆の交通に大きな役割を果たしたこの場所を訪れるひとも多いです。

基本情報

  • 売店あり
  • トイレあり
  • 駐車場あり
  • バリアフリー
観光情報
 
危険情報
現在も車が通行できるトンネルです。
狭いトンネルですので、車で通過する方は歩行者に、歩いて通過する方は車に注意してください。
またアクセス路の一部は未舗装です。
アクセス
 
トイレ
冬季はトイレが閉鎖されています。
売店・休憩所
 
駐車場情報
トンネルの両側に数台ずつ駐車できるスペースがあります。

アクセスマップ

>大きな地図で見る

  • 伊豆半島ジオパーク応援会員

  • ジオサポーターのご案内

  • 伊豆半島ジオパークミュージアム ジオリア

    伊豆ジオ半島ジオパークの遊び方ガイド いずじおアクティビティ

    伊豆半島ジオパークの告知情報 プレスリリース

伊豆半島ジオガイド協会
伊豆急グループ
伊豆箱根鉄道グループ
東海バス