伊豆半島ジオパークIzu Peninsula UNESCO Global Geopark

伊豆半島ジオパーク プレスリリース

早急に基本計画策定を 連携協定促進も-JGC現地調査報告書

2020.11.18

日本ジオパーク委員会は13日付で、今年8月に行った伊豆半島ジオパークに対する現地調査の報告書を当推進協に送付しました。それによると、「ユネスコから指摘された課題には概ね応えている」と肯定的に評価しつつも、①次回の世界審査までの基本計画と行動計画の策定②パートナーシップ協定の締結促進③ジェンダーバランスの改善-など7項目の改善意見を提示しました。推進協としては、来年の世界審査を視野に改善に取り組む考えです。

 

伊豆半島ジオパークは再認定に向けた世界審査を来年に控えています。JGCは今年8月18日から21日にかけて現地調査を実施し、このほど報告書をまとめました。報告書は世界審査に向けた助言としての性格を持っています。

 

管理運営体制では、ジオパーク活動の指針となる5年間の基本計画、行動計画の早期策定を求めました。前回の基本計画、行動計画は2019年度までとなっており、推進協では現在鋭意作成中です。また(一社)美しい伊豆創造センターとの統合については「教育や防災などジオパーク的な活動が減衰することがないよう配慮する必要がある」との注文が付されました。

 

パートナーシップでは、「正式な協定書を締結するなど、より強固な関係とすること」を求めるとともに、世界文化遺産・韮山反射炉との協業への期待を示しています。教育面では、市町によって「温度差が見受けられる」として、①全域におけるジオパーク学習の活性化②地域住民に対する生涯学習の実践-などを求めています。

 

(7項目の改善意見)

  1. ジオパーク推進組織の管理運営体制の強化と基本計画及び行動計画の策定
  2. ジオパーク地域全域でのビジビリティ(可視性)の向上
  3. 世界文化遺産である韮山反射炉との協業
  4. ジオパーク地域全域でのジオパーク学習の推進
  5. パートナーシップ戦略と協定書の締結
  6. ジオリアなどガイダンス施設の展示物改善
  7. ジェンダーバランスの継続的な改善

以上

  • 伊豆半島ジオパーク応援会員

  • ジオサポーターのご案内

  • 伊豆半島ジオパークミュージアム ジオリア

    伊豆ジオ半島ジオパークの遊び方ガイド いずじおアクティビティ

    伊豆半島ジオパークの告知情報 プレスリリース

    地域ESD拠点

伊豆半島ジオガイド協会
伊豆急グループ
伊豆箱根鉄道グループ
東海バス