伊豆半島ジオパークIzu Peninsula UNESCO Global Geopark

伊豆半島ジオパーク プレスリリース

11月21日に「ジオぱく」スタート 伊豆の特産・わさび再発見-静ガス連携事業

2020.10.27

伊豆半島ジオパーク推進協議会は11月21日(土)、サントムーン柿田川(清水町)内の静岡ガスのエネリアショールーム柿田川で、「葉っぱから根っこまで、まるごと味わう」と、わさびに焦点を絞ったイベントを開催します。当日は推進協研究員の解説に続いて、伊豆の食材をふんだんに使ったわさび丼をつくります。静ガスグループとの連携事業第一弾として実施するもので、今後、1年間かけてわさびをさまざまな角度から掘り下げるイベントを展開します。

 

推進協は9月に静ガスグループと10年間にわたって食や環境分野などで連携する協定を締結しました。その後、具体的な連携事業の在り方を協議した結果、伊豆の特産物の振興を視野に、特産となった理由、歴史、栽培技術、調理方法、加工、活用などユニークな視点から掘り下げるイベントを連続開催していくことで合意。「ジオぱく 食の探検隊」とネーミングして、最初の1年間は天城山麓のわさびを取り上げることにしました。推進協からは研究員による知見とこれまでの各地でのジオカフェのノウハウ、静ガスからはキッチン機能を備えているショールームの提供という双方の持ち味を生かすものとなります。

 

初回の11月21日は午前10時30分から、朝日克彦推進協専任研究員がジオの視点から天城山麓でなぜ良質のわさびが採れるのかを解説。その後、静岡ガスの料理教室のスタッフの指導の下、実際にわさびをすりおろし、わさび丼をつくって食べます。調理にあたっては、静岡県専門調理士連合会・瑞松会の猪爪康之会長が指導・助言します。

 

定員は16人(先着順)。参加費は2000円。使ったわさびは持ち帰りできます。お申し込みは下記のウェブサイトから。

https://pro.form-mailer.jp/lp/a80e06be206509

 

お問い合わせは、エネリアショールーム柿田川(電話055-991-5010)まで。

以上

  • 伊豆半島ジオパーク応援会員

  • ジオサポーターのご案内

  • 伊豆半島ジオパークミュージアム ジオリア

    伊豆ジオ半島ジオパークの遊び方ガイド いずじおアクティビティ

    伊豆半島ジオパークの告知情報 プレスリリース

    地域ESD拠点

伊豆半島ジオガイド協会
伊豆急グループ
伊豆箱根鉄道グループ
東海バス