伊豆半島ジオパークIzu Peninsula UNESCO Global Geopark

伊豆半島ジオパーク プレスリリース

チレトゥ―-パラブハンラトゥUGGPと協力協定

2019.11.06

インドネシアのジオパークと初の協力協定

教育、展示通じて相互理解促進

 

伊豆半島ジオパーク推進協議会は11月6日、インドネシア西ジャワ州スカブミ県のチレトゥ-・パラブハンラトゥ・ユネスコ世界ジオパークと協力協定(MOU)を締結しました。当推進協の菊地豊会長(伊豆市長)、川勝平太県知事、チレトゥージオパーク運営会議会長のイヨス・ソマントリ・スカブミ県次官、カミル・リドワン西ジャワ州知事が署名して発効しました。当ジオパークが海外のジオパークと連携協定を結ぶのは初めて。

 

チレトゥージオパークは昨年4月、伊豆半島と同時にユネスコ世界ジオパークになりました。昨年11月には西ジャワ州官房長が伊豆半島ジオパークを訪問。今年2月には、西ジャワ州からジオパークに関する研修員3人を受け入れるなど人的交流が深まっています。今年9月には推進協副会長の福井祐輔下田市長が州知事と会談し、協定の早期締結で合意していました。

 

協定は全5条。前文で「両ユネスコ世界ジオパークの振興と協力をさらに強化すること」を目指すことを明記。具体的な協力課題としては、第2条に①博物館やビジターセンターにおける先方ジオパークの展示②相互理解を促すため、ジオパーク内の学校でのインターネットを利用した学習支援-の2つを盛り込みました。有効期間は2024年11月までの5年間で、双方の合意によって延長可能となっています。

 

協定締結に合わせ、ジオリアではチレトゥージオパークを紹介する展示を始めています。

以上

  • 伊豆半島ジオパーク応援会員

  • ジオサポーターのご案内

  • 伊豆半島ジオパークミュージアム ジオリア

    伊豆ジオ半島ジオパークの遊び方ガイド いずじおアクティビティ

    伊豆半島ジオパークの告知情報 プレスリリース

    地域ESD拠点

伊豆半島ジオガイド協会
伊豆急グループ
伊豆箱根鉄道グループ
東海バス