伊豆半島ジオパークIzu Peninsula UNESCO Global Geopark

伊豆半島ジオパーク プレスリリース

APGN2017

2017.09.13

菊地会長らAPGN2017に参加
研究員が研究成果を発表

伊豆半島ジオパーク推進協議会の菊地豊会長(伊豆市長)は9月19日から22日まで中国貴州省の織金洞ジオパークで開催される第5回アジア太平洋ジオパークネットワーク(APGN)シンポジウム(APGN2017)に参加します。

APGNシンポジウムは隔年で開催されています。今回は「地域経済の持続的な発展への世界ジオパークの貢献」をテーマに開催されます。

伊豆半島からは、菊地豊会長のほか、3人の事務局員が参加。このうち、朝日克彦専任研究員は19日に「御嶽山の噴火から学ぶ自然災害における避難行動」について、鈴木雄介専任研究員は、22日に「SNSに投稿された位置情報付き写真の分布を用いたジオパーク訪問者の傾向把握」について、それぞれ英語で発表します。

このほか、参加する日本のジオパーク地域と共同でブースを展開し、伊豆半島ジオパークのマップなどを配布しながら、訪れる会議参加者に伊豆半島の魅力をアピールする予定です。

なお、APGN2017に先立ち、9月16、17の両日、同地にてユネスコ世界ジオパーク評議会(UGGC)の会合が開かれます。伊豆半島ジオパークを含む新規世界認定申請15地域と、認定期間更新のための再認定審査35地域などが審議されます。会合は非公開で、その審議結果は公表されません。

以上

  • 伊豆半島ジオパーク応援会員

  • ジオサポーターのご案内

  • 伊豆半島ジオパークミュージアム ジオリア

    伊豆ジオ半島ジオパークの遊び方ガイド いずじおアクティビティ

    伊豆半島ジオパークの告知情報 プレスリリース

伊豆半島ジオガイド協会
伊豆急グループ
伊豆箱根鉄道グループ
東海バス