伊豆半島ジオパークIzu Peninsula UNESCO Global Geopark

伊豆半島ジオパーク プレスリリース

現地審査決定

2017.05.23

7月25~27日に現地審査-伊豆ジオ世界加盟
審査員2人決定、訪問先の調整へ

伊豆半島ジオパークのユネスコ世界ジオパーク加盟に向けた現地審査が7月25~27日に行われることが決まりました。審査員2人が伊豆半島各地を回り、世界ジオパークに値するかを検証します。今後、審査場所や行程を詰めることになります。

審査員は、アジア太平洋ジオパークネットワーク(APGN)コーディネーターのイブラヒム・コモー氏(マレーシア)と、ハツェグ・カントリー・恐竜ジオパークの地質学者、アレックサンドル・アンドラサヌ氏(ルーマニア)の2人。審査員と審査日程を調整した結果、7月25~27日で固まりました。

当協議会は昨年11月末、日本ジオパーク委員会(JGC)を経て、ユネスコ本部に世界認定に向けた申請書を提出しました。現地審査では、申請書類を基に現地の状況が検証されます。

審査結果は、9月19日から中国の織金洞ジオパークで開かれるAPGNの大会時に開催されるユネスコ世界ジオパーク評議会(UGGC)で検討されることになり、順調に進めば来年春のユネスコ執行委員会で認定となります。

【参考】
■世界認定のスケジュール

■前回の現地審査
前回は2015年6月9~11日にかけて行われ、下白岩、達磨山、堂ヶ島、河津七滝、城ヶ崎海岸などを訪問しました。

以上

  • 伊豆半島ジオパーク応援会員

  • ジオサポーターのご案内

  • 伊豆半島ジオパークミュージアム ジオリア

    伊豆ジオ半島ジオパークの遊び方ガイド いずじおアクティビティ

    伊豆半島ジオパークの告知情報 プレスリリース

伊豆急グループ
伊豆箱根鉄道グループ
東海バス