伊豆半島ジオパーク

伊豆半島ジオパーク プレスリリース

6月9日から現地審査

2015.05.11

伊豆半島ジオパーク、6月9日から現地審査
専門家2人、世界認定に向け評価

伊豆半島ジオパークの世界ジオパークネットワーク(GGN)加盟に向けて、専門家による現地審査が6月9日から11日までの日程で行われることが11日、決まりました。現地審査はGGN加盟の可否を決定する上で最も重要なプロセスです。海外の審査員2人が堂ヶ島、城ケ崎などのジオサイトやビジターセンターを訪れて、地質学的価値や保全状況、教育への活用などをチェックすることになります。

【審査員の横顔】

名前 Jin Xiaochi (金小赤) ジン・シャオチー
国籍 中国
現職 中国地質科学院地質研究所研究員
GGN事務局メンバー
横顔 1961年11月生まれ(53歳)
国際地球科学プログラム(IGCP)科学委員会メンバー(2009-2012)
審査歴 2014年 山陰海岸GP再認定、阿蘇GP新規認定
名前 Mohd-Shafeea Bin Leman モハド・シャフィーア・ビン・レーマン
国籍 マレーシア
現職 マレーシア国立ケバングサン大学教授
横顔 1956年11月生まれ(58歳)
古生物学が専門
2010年 第4回ユネスコ世界ジオパーク会議議長
審査歴 2009年 洞爺湖有珠山GPの新規認定

【審査日程、場所】
具体的な日程、審査場所はこれからの検討になります。確定次第、お知らせします。

主な審査項目
地質学的・地形学的特徴、説明案内板、ジオサイトの損傷予防措置、運営組織、ジオツーリズム、常駐専門家、ガイド、環境教育プログラム、地域経済との関係など。

現地審査の意義
伊豆半島ジオパーク推進協議会は昨年12月、世界ジオパークネットワーク(GGN)に申請書を提出しました。今回の現地審査の結果を踏まえて、今年9月に兵庫県や鳥取県などで開催される国際会議(アジア太平洋ジオパークネットワークシンポジウム)で加盟の可否が発表されることになります。

以上

伊豆半島ジオパーク応援会員

ジオサポーターのご案内

  • 伊豆半島ジオパーク応援会員

  • ジオサポーターのご案内

  • 伊豆半島ジオパークミュージアム ジオリア

    伊豆ジオ半島ジオパークの遊び方ガイド いずじおアクティビティ

    伊豆半島ジオパークの告知情報 プレスリリース

日本ジオパークネットワーク
箱根ジオパーク
伊豆急グループ
伊豆箱根鉄道グループ
東海バス