伊豆半島ジオパークIzu Peninsula UNESCO Global Geopark

新着情報

伊豆半島のみなさんへ デスクトップカレンダーの素材募集!

2020.08.14

皆さんにとっての伊豆半島を教えてください٩( 'ω' )و✨

伊豆半島ジオパーク推進協議会では来年の2月まで「伊豆半島ジオパークデスクトップカレンダー企画」として伊豆半島の皆さまからの作品を募集しています。

テーマは、「私たちの住む伊豆半島ジオパーク」です。このページでは、皆さんから寄せられた作品をそれぞれ、ニックネーム、作品タイトル、作品に込めた思いとともにご紹介します。いずれも素敵な作品ですね。

※まだしばらく作品募集中!応募方法などはページの下の方にあります。

2020年10月


Tan Chanさん『おせい様も見守る伊豆半島』
伊豆型道祖神のおせい様。どなたかが、このコロナ禍の鎮静の祈りを込めて、マスクをつけてあげたのでしょう。温かい気持ちが伝わります。
先人の祈りも、現代の祈りも笑顔で受け止めてきたおせい様は、なんて優しいのでしょう。
秋の黄花秋桜がたくさん供えられていました。一輪でも心を込めてお供えすると、何十倍にも増えるのだそうです。
住人、旅人にも優しい伊豆半島。この病気に打ち勝てる日が、遠くありませんように。。


Tan Chanさん『元気いっぱい旭滝』
不動明王様もびっくり!静かな旭滝が一変、豪快な滝に。
柱状節理の艶やかな色と、豪快な滝のしぶきが夏の暑さを吹き飛ばすかのよう!勢いに圧倒されました。
これから秋のしっとりとした旭滝もひとしお。
春夏秋冬、素敵な顔色を見せてくれる旭滝に会いに行きたくなります。


クーちゃんさん『ある日の大久保』
空、山、陸、海、そのすべてを人がつないだような風景。ここは伊豆市の西海岸にある大久保の海岸です。
日本で一番高い山(37706mの富士山)と世界で一番深い海(10984mのマリアナ海溝)を結ぶ中途にあります。
数え切れないほどの種類の魚が棲むこの海で、この日、アジをたくさん釣りました。
この味(アジ)をご近所さんにもお裾分け!庭のショウガをおろしてサシミでショウミ。美味しかったー!!


伊東のケンちゃんさん『MISIMA of Water City』
三島市にある楽寿園。その中にある小浜池。富士山から流れ出る湧水は、池を満たし、
市民や観光客のオアシスとなっています。近年は湧水が少なく枯れてしまうこともありました。
今年は、降雨量が多かったためか、満水の状態を保っています。
はるばる、富士山から、やってくる水。その道のりは、20年前後と言われています。
清く澄んだ水は、人々のこころも豊かにすることでしょう。

2020年9月


hide110さん「ループ橋を見上げて」
大滝の写真を撮ろうと思って駐車場に車を停めて歩き出したとき、ふと見上げるとループ橋の真上は青々とした夏空だった。普段見かけない角度のループ橋もとても新鮮な感じがした。見ようによってはこのまま空高く上り続けられるような気がした。ループ橋の緑と空の青の対比が夏らしいと思ったけど、手元にはスマホしかなかったので露光の調整が大変だった。


hide110さん「大室山で精神集中」
デスクトップカレンダー企画を拝見したとき、頭に浮かんだのはこの写真を撮ろうということだった。せっかくだから、きれいな景色とかだけでなく、人が介在する写真にしようと思った。
”伊豆半島と、そこに生活する人”という写真も面白そうだなと。とはいえ、なるべく情報をそぎ落として、見る人の想像力にゆだねる写真にしようとも思った。
だからタイトルを伏せてしまえば、ここがきっとどこだかわからない人もいるだろうけど、それはそれでいいと思った。


blueさん「小浜池満水之図」 
静岡新聞で、三島の楽寿園の小浜池が久しぶりに満水になったという記事を見て、自分の目で確かめたくて行ってきました。
コロナ禍で、もう半年以上、大学に行けてないし、オンライン授業でパソコンにむかってばかりで、自分が町中に出たのも久しぶりでした。人生ちょっと悲観しがちだったけど、満水の池をカモがのんびり泳いでいるのを見たら、とても癒されました。


まゆゆさん「滑沢渓谷水中王国(2点)」
 今年の夏はコロナの夏でした。三密を避け、涼をもとめ、買ったばかりのゴープロをもって訪れた先の滑沢渓谷で、水の中に素敵な世界を発見しました。
 大昔、滑沢火山から流れてきた溶岩がつくった、水の上とはまた違った静かで神々しい、まるで異次元の王国のよう。この素敵な水中王国をぜひ皆さんのパソコンのデスクトップにお届けしたく応募しました。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

推進協議会でこれまでに配信しているデスクトップカレンダー※→こちら

※デスクトップカレンダーは、パソコンの壁紙として使えるカレンダーです。誰でもダウンロードしてお使いいただけます。また、プリントアウトしてお使いいただくことも可能です。

今回は伊豆半島に住む皆さんと一緒に、このデスクトップカレンダーを通じて伊豆半島の姿を発信したいと考えています。

伊豆半島は東西南北、津々浦々、びっくりするほど表情が異なります。それだけに、住んでいる人の数だけ、伊豆半島の姿があることでしょう。

表現手法は平面ならOK!伊豆半島に住む大人でも子供でも応募できます。さらに毎月抽選で10名様に、伊豆半島各地からの素敵な景品をプレゼント!

今回の企画では住む人による伊豆半島の姿を発信することを目的としたため、思い切って伊豆半島在住の皆さん限定の募集としました。そのうち半島外の方向けの企画も立てたいと思いますので、今回は、どうぞ出てきた作品をお楽しみに!

毎月デスクトップカレンダーへの採用作品は1点(か、2点)ですが、全ての応募作品は三島信用金庫さんの店内にてご紹介します。

 

応募要領ダウンロード

応募用紙ダウンロード

 

 

 

  • 伊豆半島ジオパーク応援会員

  • ジオサポーターのご案内

  • 伊豆半島ジオパークミュージアム ジオリア

    伊豆ジオ半島ジオパークの遊び方ガイド いずじおアクティビティ

    伊豆半島ジオパークの告知情報 プレスリリース

    地域ESD拠点

伊豆半島ジオガイド協会
伊豆急グループ
伊豆箱根鉄道グループ
東海バス