伊豆半島ジオパーク

北伊豆

菰池・白滝公園

白滝公園

  • 約1万年前の富士山の噴火で流れ出した三島溶岩は、愛鷹山と箱根に挟まれた谷を流れ下り、三島駅周辺をはじめ、伊豆半島北部地域の大地を作りだしました。
    この溶岩流のすき間を流れてきた地下水は、溶岩流の末端にあたる菰(こも)池や白滝公園など、三島市街地のあちこちでわき出し、源兵衛川や桜川といった小川の多い独特な街並みの景観と文化を築いてきました。

    菰池と白滝公園は、桜川の源流にあたります。
    桜川は、この湧水を農業などに利用するために作られた灌漑水路で、もともとは白滝公園から南に流れる御殿川を流れていました。

    白滝公園では、溶岩の表面にできた小さな地形や、溶岩のすき間から流れ出す湧水の様子を観察することができます(冬季は水位が下がっているため湧水量は少なくなっています)。

基本情報

  • 売店あり
  • トイレあり
  • 駐車場あり
  • バリアフリー
観光情報
 
危険情報
白滝公園では、足元に溶岩が露出しています。
もちろん溶岩はとっくに冷えてしまっていますので熱くはありませんが、滑りやすくなっているところや歩きにくいところがありますので、ご注意ください。
アクセス
JR三島駅より徒歩5分
トイレ
 
売店・休憩所
 
駐車場情報
付近に市営駐車場あり

アクセスマップ

>大きな地図で見る

  • 伊豆半島ジオパーク応援会員

  • ジオサポーターのご案内

  • 伊豆半島ジオパークミュージアム ジオリア

    伊豆ジオ半島ジオパークの遊び方ガイド いずじおアクティビティ

    伊豆半島ジオパークの告知情報 プレスリリース

日本ジオパークネットワーク
箱根ジオパーク
伊豆急グループ
伊豆箱根鉄道グループ
東海バス